FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイラバとジグ自作してみた

時間があるときはコツコツとアシストフック作成に励んでおりましたが
割と自分でも作れるようになってくると
・・・これ、本体もつくれるんじゃね?・・・
気がついたらネットで購入した材料が家に届いてました(汗)

今考えたらすご~~く大変だったので手を出したことに後悔してます(笑)

まずタイラバヘッドから
これは割りと簡単でした(=゚ω゚)ノ
blog280415-2.jpg
鯛オモリなる穴の開いた鉛が市販されていたので、それを使用
blog280415-3.jpg
側面にホロシールを貼りたいのでハンマーで横が平らになるように叩いていきます
誘導式にしたいので穴を目打ちとハンマーで拡張
加工前(左)、加工後(右)
※はじめから側面がフラットになっている鯛玉オモリ2があることを購入後に知る(T_T)

blog280415-6.jpg
後はダ○ソーで仕入れたスプレーを吹き付けホロシールを貼って完了( ̄^ ̄)ゞ
鉛に直接塗装だと塗料のノリが悪く、発色もイマイチだったため塗装の前にメタルプライマーでも吹いたほうがよかったかも





お次にジグ、これが大変でした・・・
ほんとはイチから自作の型で作りたかったんですが、勝手がわからないので練習がてら手持ちのジグを型どり
油粘土にジグを半分埋め込んで枠を作り、耐熱シリコンを流し込む
枠の作成が甘く、何度もシリコンが流れ出して量が足りなくなり、追加購入
既にこの時点で心が折れそうに・・・
blog280415-1.jpg
固まったら反対側も同様にシリコンを流し込み型枠完成

ダ○ソーにあったステンレスワイヤー1.2mmを曲げてアイを作成(なにげにこれが一番難しかった・・・)して型枠にセット
溶かした硬質鉛を流し込む
blog280415-4.jpg
うーん・・・こんなもん・・・かな
雪がちらつく屋外で作業していたため、鉛の温度が上がらず、なかなか均一に流れてくれませんでしたが
寒さに負け、ここらへんで妥協(笑)
あとはバリを取り、ホロシールを貼っていきます
塗装はエアブラシを持っていないため、スプレーやマニキュアで毎日コツコツ仕上げていきます
マニキュアを買いに何度もダ○ソーに通いましたが
わたしのような図体のデカイ男が真剣にマニキュアを物色する様はさぞ異様だったことでしょう(笑)

最後にタイラバヘッドとジグをウレタンコートに2~3回どぶ漬けして完成
blog280415-5.jpg
タイラバは比較的簡単に出来たのでこれで釣果が出れば自作はアリですね
ジグに関しては手先の器用な人は別として、費やした労力と費用、クオリティを考えると自分にはメリット少ないな~(笑)
でも今回は練習なのでいつか自作の型を作って再チャレンジしたいですね( ̄^ ̄)ゞ
オリジナルのルアーで釣ったら気分最高だろうな~
スポンサーサイト

コメント

  • 2016/04/20 (Wed) 08:05
    No title

    ルアー製作お疲れ様でーす。
    はじめてにしてはなかなかの完成度ではないですか(゜ロ゜)ステンワイヤーからアイを作るっておもいとおりの形にならずイライラしますよねぇー❗

    自作ルアーでデカマダイといけたらもう最高でしょーね♪期待してますよー。

    あっ蛍光色隠蔽力が弱いので下地に白やグレーをいれたほうが発色よくなりますよー♪

  • 2016/04/20 (Wed) 18:46

    なんとジグまで自作ですか〜!
    タイラバは作ったことありますが・・・
    ダイソーのマニキュアコーナーはDIY派なら避けては通れない道ですよ😁
    ちなみに私はもう恥じらいなく買うことができます✌️

  • 2016/04/21 (Thu) 00:31
    No title

    >satoooooさん
    デカマダイまでいかなくとも根魚1匹でもかかればテンションあがっちゃうと思います(笑)
    途中から下地に白を吹いてたんですけど、グレーでもいけるんですねi-189ありがとうございます、今度やってみます!

  • 2016/04/21 (Thu) 00:44
    No title

    >NOBさん
    さすがDIYマスター!
    わたしの場合、女子に混ざってテンパりながらだったのでマニキュアやキラキラシールを大量に買い込みすぎ、自作とはいえ結局高くついてしまいました(汗)
    でもマニキュアだけでもあんなにいっぱいあるんですね~!驚きましたi-229

  • 2016/04/29 (Fri) 04:42
    No title

    やってますね(笑)。
    ワイヤー曲げは、実は専用の道具があるんですよ。

    以前は良く作ってましたが、いまいち自作のルアーが信用できないのと、コスト的な問題で今は既製品オンリーです。

    メタルジグの重さ、オリジナルとかなり違うものになったのでは?
    材料の比重合わせが難しいです。

  • 2016/05/01 (Sun) 19:57
    No title

    >Tazawaさん
    コメありがとうございますi-237
    なんと専用の道具まであるんですね!?
    ジグの重さは未塗装の状態で2~3gは違いました。塗装するともっと差が出ていると思います(汗)
    多分ウェイトバランスは相当狂っているかと・・・i-229
    やはり既製品が一番ですね、好きでやる以外は割に合わない・・・
    作ってみて実感しましたi-240

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。